banner

必要な資金

株式会社の会社設立に必要な資金


会社設立をするためには、まず資本金が必要となります。株式会社であっても合同会社であっても、どちらの場合にも資本金を準備しなければなりません。資本金とは、事業を行うために最初に必要となる資金です。ですから、会社設立をした後の運転資金だと考えておくべきでしょう。

では、具体的にはどれくらいの金額が必要なのでしょうか。これはそのときの状況によってことなります。すでに個人事業として安定した経営を行っている上で会社設立をするのであれば、それほど大きな金額は必要ないでしょう。

収入がすでに発生しているのなら、運転資金としてはそれほど多く必要はありません。現在の経営を法人で行うだけですから、そのまま続けていけば甥のです。

しかしながら、会社設立をするとともに事業を行おうと考えているのなら、売上が発生してキャッシュフローがプラスになるまで耐えることができなければなりません。

決算上はプラスであっても、キャッシュが回らないことになる可能性もあります。そこを考えて金額を考えていく必要があります。ただ、これを資本金としなければならないわけではなくて、借入金とすることもできます。

資本金として出資した場合、それを回収するためには役員報酬の形になるのが一般的です。他にも配当金という形をとることもできます。

どの場合であっても所得となりますから、所得税の対象となる可能性はあるでしょう。借入金としておけば回収は容易です。借入金であれば、ただ単に返してもらうだけですから、ここに所得は発生しません。ですから、回収する時点で課税されることはないのです。

それとともに会社設立にかかる費用を準備することも必要です。株式会社の場合には、まず定款の認証手数料が必要となります。これが5万円です。

そして、定款印紙代が4万円かかります。定款の認証の手続きだけで9万円がまず必要となります。そして、登記申請をするときには登録免許税を納めなければならないのですが、この金額は規模が小さい会社なら15万円です。ですから、普通に手続きをするのであれば、24万円が必要となります。

電子的な手続きをすることによって20万円未満にすることはできます。その場合であっても業者に手数料を支払わなければなりませんから、手続き関係だけで20万円から30万円くらいかかると考えておくのが良いです。
トータルで見れば、株式会社設立のために必要な資金は、資本金の金額+20万円から30万円と考えておきましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立の設立って難しそう!でも、少し勉強したら簡単に設立できますAll Rights Reserved.