banner

学校法人を設立代行で

会社設立代行で学校法人を作る


会社設立と一口にいっても、さまざまな法人の種類があります。
株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、一般社団法人、一般財団法人、特定非営利活動法人、学校法人もあります。

会社設立では各法人によって手続き書類が異なりますので、注意しておかなければなりません。例えば学校法人の場合はどうでしょうか?学校法人は、私学教室や幼稚園などの運営を始めるために設立しなければならない法人です。

設立にあたってはさまざまな書類作成が必要になります。
普通の会社のように収支予算書があり、事業計画書があり、設立趣意書、許可申請書も提出しなければなりません。

事前相談することはもちろん必要ですし、建物を建築するに際しては、建物建築確認も行われます。
私立学校を設置するにあたって、学校法人の手続きが必要になります。
この法人は財団法人として設立されるため、一定の寄付が行われます。

寄付については根本規則を定める必要があり、その根本規則は寄附行為と呼ばれ、法人の名前から設立の目的、学校の名称、種類、種々の事項までを定めます。法人と学校の設置については、各所轄庁の認可を受ける必要があります。

認可を与える所轄庁は学校の種類によってことなります。文部科学大臣から認可を受けるのは、私立大学、私立高等専門学校及びそれを設置する法人となります。

都道府県知事の認可を受けるのは、私立高等学校以下の学校、及びそれを設置する法人となります。
学校の法人の設立する場合は、監事2名以上、理事5名以上、また理事の2倍を超える評議員で構成される評議員会が必要になります。
学校法人として会社設立を行うときには、設立の要件を満たさなければなりません。
例えば、寄付ができる校舎や土地を所有していることです。
また、すでに日本語学校を経営していることです。さらに、校舎を建築基準法に沿った学校の法人仕様に改修できることなどです。これらの要件を満たすことで会社設立が可能となります。

学校の法人として会社設立を行うためには、いくつか手続きのステップを踏む必要があります。流れとしては、最初に所轄庁に事前相談することから始まります。
次いで、建物新築の事業計画を作ります。さらに法人設立許可申請書を提出します。そこから所轄庁の調査と審議が始まります。

許可が下りて許可証が交付されたら、法人設立登記の申請を行います。そして法人設立となります。
会社設立手続きについては代行業者に依頼することができます。

Copyright(c) 2014 会社設立の設立って難しそう!でも、少し勉強したら簡単に設立できますAll Rights Reserved.